日本語点字翻字書体
墨字と点字

スミジとテンジ

note 1
 点字とは視覚障害者用に考えられた音標文字です。そのような性格を持つ点字を書体としてひとまとめにする意図とはなんだろう。それを説明するために、「点訳する」という行為の定義をしておく必要があります。日本語で書かれた文章を「点訳する」とはどのような行為を指すのでしょうか。現在、日本語で表記するために使用されている文字は、漢字、ひらがな、カタカナ、句読点などの符号そして英数字です。つまり「点訳」はそれらが交じった文章をすべて仮名文字、英数字や符号に「翻字」することから始まります。それらに「翻字」された文章を今度は点字に「翻字」します。単純化しすぎかもしれませんが、これが「点訳する」ことだと思います。
 「墨字と点字」は必ずしも「点訳」を容易にすることを目的にしていません。「点訳する」とは、点字表記の文法を理解して初めて実現できる行為であり、その膨大な知識を書体というミクロな世界に埋め込むことは容易ではないと想像できるからです。しかし点字翻字を容易にすることは可能だと判断しました。「墨字と点字」は「点訳の文法」を理解している人が仮名文字などに翻字された文字を一瞬で点字に翻字することを目的に設計されています。

note 2
 「墨字と点字」を使用するには点訳の知識が必要であることをnote1でお伝えしました。優れた入門書、教則本などがいくつか出版されていますので、それらを手元において点訳に向き合うようにしてください。そのなかでも日本点字図書館が発行している『点訳のしおり』は廉価であり基礎を知るには最適だと思います。ちなみに「墨字と点字」を作成するにあたり大いに参考にさせていただきました。詳しくはそのような入門書などを参考にしてもらうとして、ここでは点字とはどのようなものなのかを簡単に説明し、「墨字と点字」の文字入力の仕組みについても簡単に述べたいと思います。
 点字とは、たて3点×よこ2点=あわせて6点の組み合わせで表現される音標文字です。凸面を基準にした場合、各点は左列上から下に①の点、②の点、③の点、右列上から下に④の点、⑤の点、⑥の点と呼びます。「凸面の」とあえて断りを入れたのは、点字を書く(打点する)場合、凹面が基準になり、読む(触読する)場合は凸面が基準になるからです。点字を書くときは反転させる必要があるので右から左に書き進めます。そうすると読むときは左から右に読めるようになるのです。
 点字に対して晴眼者が使用する文字のことを墨字と呼びます。墨字の場合は1文字2文字...と数えますが、点字の場合は1マス2マス...と数えます。基本は1文字1マスで表現されますが、1文字2マス以上で表現される文字もあります。例えば濁音や半濁音、拗音などの文字です。「墨字と点字」はそれらを極力意識せずに入力できるように設計されています。どういうことかというと、点字で2マス使う文字は墨字でも2文字の幅を持たせています。普段どおり入力すれば濁点の付いた文字は勝手に2文字の幅をとってくれます。なぜそのようにしたのか、点字で2マス使用するのに墨字では1文字分の幅しかなければ、点字と墨字で1行の文字数が変わってしまうからです。点字にしたときのイメージをとりやすくするため、点字のマス数を基準にして、墨字の1文字の幅を規定しています。
 先ほども言いましたが、入力は普通にしてください。ローマ字入力、かな入力、どちらでも構いませんし、ひらがなでもカタカナでも構いません。英数字は半角でも全角で入力しても同じです。数符、外字符、大文字符などの前置記号は自動で入力されるようになっていますが、特殊な前置記号(小見出し符など)に関しては、別途入力規則を設けています。
 「墨字と点字」はフォントのオープンタイプ機能を利用して墨字から点字に変換できるようにしています。オープンタイプ機能が利用できるアプリケーションで利用することをお勧めします。それが利用できないと「墨字と点字」は「ただのかな書体」でしかありません。もう少し詳しくいうと「墨字と点字」はアドビ社のインデザインとイラストレーターというアプリケーションで使用することを想定しています。それらを所有していないのであれば、満足な結果が得られません。




 詳しくはこちらのPDFをご覧下さい。「墨字と点字」とはどのような書体なのか、詳しく解説しています。




書体一覧
 「墨字と点字」では、4 種類の書体を用意しています。「囲み、線あり」と「囲み、線なし」、各々に反転したウエイトがあります。凸面で表示されるものは主に印刷用途で利用されることを前提にしています。例えば「囲み、線あり」で、入力と確認作業を行って「囲み、線なし」に変更すれば、印刷用の版で利用するのに最適な字形になります。凹面で表示されるものは主に点字盤などで書かれる(打点する)ことを想定されています。プリントすることで、打点位置の目安を知ることが出来ます。点字盤のマスのサイズに合わせればより効果的です。


 墨字と点字-囲み、線あり.otf




 墨字と点字-囲み、線なし.otf




 墨字と点字-囲み、線あり、反転.otf




 墨字と点字-囲み、線なし、反転.otf




 Sixdots hasline.otf
 Sixdots hasnotline.otf

 ※Windows、Macintosh、両対応です。各OSのフォントフォルダに配置することでインストールできます。



 「墨字と点字」セット 価格7560円(税込)


 ライセンス購入は こちら から

  ※1ライセンスにつき、1カ所、5台のコンピュータにインストールできます。
  ※それ以上のライセンスが必要な方は別途ご相談ください。
  ※領収書の必要な方はお問い合わせよりお知らせください。

  ※単体での販売はしておりません。
  ※ダウンロード販売支援サービス【easypay】を利用しています。
  ※リンク先(PayPal)で支払いを完了してください。商品のダウンロードリンクを含むメールが送信されます。
  ※ダウンロードリンクから商品をダウンロードしてください。
  ※商品はZIP圧縮されています。解凍ソフトで解凍してください。
  ※商品の性質上、返品には応じられません。


  ※ボランティア活動などで点訳作業をされている方には無償提供します。
   お問い合わせよりご連絡下さい。




 myfonts.com(英語サイト)でも購入できます。

  ※単体で購入できます。
  ※タイプテスターがありますが「前後関係に依存する字形」「デザインのバリエーション」は試せません。
  ※形式は.ttf(TrueType)です。
  ※機能は.otfと同じです。
  ※ライセンス等はmyfonts.comの規約に準じます。
  ※少し割高になってます....。




  ご意見ご要望、不具合の報告などは お問い合わせ までお願いいたします。




©2006-2018 sugargliderz All rights reserved.